真性包茎の治療費で安いのはどこ?【大手3院料金比較!】

真性包茎治療費を大手3院で比較した一覧表

真性包茎の治療費をわかりやすく比較してみた!

ABCクリニック 上野クリニック 東京ノーストクリニック
  • 真性包茎Sカット【150,000円】
  • ナイロン糸【72,000円】
  • 吸収糸【100,000円】
  • 美容【110,000〜600,000円】

※ナイロン糸もしくは吸収糸を選択する

  • 環状切除術【70,000円】
  • 癒着剥離【200,000円】
  • 3.30.3プロジェクト適用

    30%OFF

  • 吸収糸0円選択可能
  • カウンセリング時5,000円発生【手術費から相殺】
  • 性病治療可能
  • カウンセリング、診察0円
  • WEB予約→10,000円割引
  • 吸収糸0円選択可能
  • カウンセリング、診察0円
最低治療費【目安】 最低治療費【目安】 最低治療費【目安】

150,000円〜

182,000円〜

270,000円〜

 

有名クリニックの真性包茎手術費用を比較してみよう

 

ABCクリニックと上野クリニック、東京ノーストクリニックは包茎治療に関して調べていれば必ずといって良いほど名前が挙がります。それぞれ費用に差があるので、今回はどこでどれくらいの費用がかかるのか、最低限発生する費用(最低治療費)を比べてみましょう。

 

電卓

 

まずABCクリニックの真性包茎手術費用ですが、真性包茎Sカットと呼ばれる術式で15万円程度となっています。「3.30.3プロジェクト」は3日前までの予約で適用される割引制度です。治療費が3割減されます。

 

その結果、個人の状態に合わせた高い技術による手術が10万程度の治療費となります。これが真性包茎治療を検討される方の決定打となり、ABCクリニックが選ばれている秘訣となっています。

 

次に上野クリニック、こちらは手術に用いる糸次第で価格が変わり72,000円から100,000円となっています。

 

そして東京ノーストクリニックですが二種類の術式があり、切らない治療が3万円、環状切除術で行う場合は7万円となっているようです。真性包茎の場合はほぼ間違いなく環状切除術になります。

 

価格には随分と差がありますが、それぞれのクリニックに独自のスタイルがあるからこその価格と言って良いでしょう。

 

ちなみに上記に記した価格はいわゆる「定価」となります。上野クリニックであれば定価にプラスして美容治療手術費【110,000〜600,000円】が、東京ノーストクリニックであれば癒着があれば別途200,000円など費用が諸々加算されます。個人の状態や希望によって費用は異なります。

 

いずれのクリニックも術前のカウンセリング、診察の段階で「費用の見積もり」が提示されます。それを踏まえて患者側が手術を受けるかどうか選択することになります。費用の提示を受けて手術を断念するケースも勿論存在します。術後に突然費用が加算されるようなことはありません。

 

手術と治療内容、それぞれのこだわりを比較

 

上記では費用比較を行いましたが、次は行われる手術と治療内容を比較していきましょう。順番は先ほどと同じく、ABCクリニックから記していきます。

 

ABC式真性包茎Sカットという方法ですが、Sカットという方法はベテラン医師が担当する手術の事なので、非常に信頼度が高く安心して任せられます。クランクやレーザーメスを使わずに、全て医師の手で切除していくのが特徴ですね。

 

次は上野クリニック、丁寧なカウンセリングと独自の麻酔技術が非常に評判が良く、上記で記した選ばれる理由がこれです。更に仕上がりも非常に美しくなるという事も相まって、技術面での信頼度も高評価に繋がっているといえます。

 

東京ノーストクリニックは、主に環状切開術で手術が行われます。よく心配される、手術後の追加費用の発生等は無く、カウンセリングの段階で全ての費用が判明するので安心材料が多いですね。医師2人体制で手術を行う為、短時間で施術が行うのも、魅力の一つだと言えるでしょう。

 

甲乙付けがたい有名クリニックは、それぞれに特徴がある為、個人にあった場所を選びやすいとも言えます。真性包茎手術を考えている方は、それぞれの特徴に目を通して、自分に最も適したと思える場所で行いましょう。

真性包茎の手術「保険治療と専門クリニックでの自由診療の違いメリットデメリット」

 

真性包茎を「保険適用」で治療した場合

メリット デメリット
  • 費用が激安【相場:3〜4万程度】
  • 土日夜間対応不可
  • 美容的要素なし【仕上がりの状態は無配慮】
  • 女性看護師や女医在籍
  • アフターケアは都度有料
  • 家族や会社に情報が開示される【医療通知書】

 

真性包茎の手術には「保険治療」と「自由診療(非保険治療)」があり、どちらの手術を選択するかで状況にかなり差が生まれます。どちらを選択するにしてもそれぞれのメリットとデメリットを知っておく事で、自分に合った診療を選ぶ事が出来るようになります。ちなみに、上記のABC、上野、ノーストは自由診療クリニックとなります。

 

手術

 

真性包茎の手術には保険治療の対象になる!

 

真性包茎とカントン包茎は、仮性包茎と違って日常生活に支障が出ることもあります。その為実質の費用は「3割負担」となる為、高額だと言われている真性包茎治療も激安で済ませる事が可能です。

 

仮性包茎の治療は美容整形という認識ですが、真性包茎は病気とみなされ「治療」になるというわけですね。「少しでも安く治療したい!」という方には嬉しい情報ですが、果たして良い所ばかりでしょうか?

 

保健治療にもメリットとデメリットがある!意外な落とし穴?

 

メリットは圧倒的な差額が生まれる金額につきます。しかし忘れてはいけないのは、保険治療ならではのデメリットも人によっては存在するということです。

 

まず自由診療と違い、保険治療はどこまでいっても治療という事を覚えておきましょう。専門クリニック等のように見た目の仕上がりが美しくなるわけではありません

 

場合によっては包皮を切除するだけなので陰茎や亀頭がいびつな形になります。更に入院治療の所も多い為、自由診療と違って患者の選択肢はほとんど無いという事にもなり得ます。

 

自由診療って何?クリニックで受ける手術の事?

 

自由診療は全額負担の診療の事で、包茎専門クリニック以外にも美容整形などが含まれます。加えて保険治療では、定められた範囲内で医師は治療を済ませようとしますが、自由診療は患者にも選択の自由があります。

 

これが最大の差と言っても良いでしょう。新たな特効薬があるけど保険は適用されません!こういった売り文句の治療や薬品も、自由診療であれば受ける事が出来るのです。

 

メリットばかりに聞こえるけど、自由診療はデメリットもあるの?

 

自由度が高く、最先端の医療技術や専門クリニックによるスペシャリスト達の手術が受けられるメリットがあります。しかし金額面の負担が非常に大きく、全額負担だから仕方がないとは言えかなりの費用がかかるデメリットが存在します。仕上がりの美しさや最先端技術による医療を天秤にかけ、どちらがより自分にあっているか判断しましょう。

 

真性包茎の手術はほとんどの場合専門クリニックが勧められ、理由は失敗の可能性が極めて少ないからだと言われています。しかしどちらの治療も個人個人で判断基準が違う為、長所と短所をしっかりと把握して決めましょう。

真性包茎矯正器具キトー君の費用や使い方、効果は?

真性包茎矯正器具キトー君は、実際の利用者も多く知名度の高い矯正器具です。インターネットでもよく見かけるので、真性包茎に悩んでいる方は耳にした事があるのではないでしょうか。自宅で治せる矯正器具という事ですが、実際にどんな物なのか詳しく見ていきましょう。

 

キトー君

≫≫キトー君公式HP<<

 

キトー君ってどれくらいの費用がかかるの?

 

真性包茎矯正器具キトー君は、二種類に分かれています。「12,800円で販売されているキトー君DX」と「9,800円で販売されているキトー君ST」の二つです。ほとんどの方はキトー君DXを選んでいると言われていますが、選ばれる理由はストッパーの有無となっているようです。

 

キトー君の性質状、一度使用を始めると30分程度は状態を維持しなければいけません。そのためストッパー付きのキトー君DXが選ばれており、人気が高いというわけです。

 

価格の差は多少ありますが、全額返金制度もある為、利用者は安心して使っているのではないでしょうか。他にも手術代保証制度や後払い制度等もあるので、アフターケアも万全となっています。

 

有名みたいだけど、キトー君ってどんな効果があるの?

 

真性包茎矯正器具という名の通り、真性包茎の自宅治療に効果があります。むしろ真性包茎は、自宅で治せるうちに治しておきたい包茎です。軽度の状態でキトー君を使う事で、亀頭を覆う包皮を徐々に広げていき、悪臭や性病の元を断ちます。

 

手で包皮をむく事との違いは、力任せにむくか自然にむける形にするかの違いです。力任せに自力でむいてしまうと、出血したりその傷が元で菌に感染する事も十分にありえます。キトー君を使う事で徐々に包皮を広げていき、無理の無い自宅で行える早期治療の効果があるというわけです。

 

見ただけだとキトー君の使い方がよくわからない…どうやって使うの?

 

キトー君の使い方

 

使い方は非常に簡単で、グリップ握って先端を広げるだけとなっています。包皮や亀頭のサイズは人によって様々ですが、キトー君の先端を閉じた状態で包皮の穴に入れましょう。

 

後はグリップを広げて先端を広げ、引っ張られる感覚を感じる所で固定するだけです。キトー君DXであればストッパーがあるので、一度固定すれば手を離しても大丈夫です。コレを一日30分、毎日朝晩二回ずつ行いましょう

 

注意するべき所は、慣れない内は多少の痛みを感じる可能性がある事と、使用後は洗ってキレイにする事です。真性包茎の場合、どうしても包皮に汚れがたまりやすくなっています。

 

キトー君は二週間続ける事により、目に見えて包皮がむけると言われている程の人気矯正器具です。確かな実績と確実な効果を得たい方や、早期治療を心がけている方は試してみてはいかがでしょうか?→「キトー君公式HP

真性包茎と関係が深い性病とは?

「真性包茎は性病になりやすい」こんな噂は昔からあり、都市伝説や冗談だと思われがちです。しかし実際に真性包茎は亀頭が覆われているため性病になりやすく、予防意識していなければ性病のリスクは高くなってしまいます。

 

性病科の医師

 

真性包茎だからこそウイルスに感染してしまう、尖圭コンジローム

 

尖圭コンジロームは、気が付いた時には病気が広がっていると言う程、真性包茎の方は注意が必要です。性器とその周辺にイボができてしまう感染症で、年々発症者が増えているとも言われています。

 

この性病の厄介な所、性行為を行っている人であれば誰でも発症の可能性がある事です。特に真性包茎の方の場合は、包皮の内側がどうしても汚れてしまい、ウイルスが繁殖しやすい土壌が出来てしまっています。

 

誰でも感染する可能性はあるが、包茎でない人は発症しない可能性のほうが高い、そういう類の性病です。軽度の真性包茎であれば、普段から出来るだけ清潔に保つ事で可能性を減らす事は出来るようです。

 

他にはコンドームを装着する事で、リスクを極力減らす事も可能だと言われています。しかし家族を増やしたい、子供がほしいという方にとっては難しい話でもあるので、真性包茎の早期治療を行うのが得策でしょう。

 

最も感染者が多い性病、性器クラミジア感染症

 

日本国内では感染者が最も多い性病であり、近年では10代の感染も報告されています。最も患者数が多い性病で、ほぼ全ての性行為から感染します。そして感染症というだけあり、やはり汚れが落とす事が難しい真性包茎の男性は、高確率で発症してしまうのです。

 

自覚症状が最も早く出るのは、トイレで放尿をする時に痛みを感じたり、染みてヒリヒリした時が諸症状と言われています。他にも、尿がやけに熱く感じたり、尿道にかゆみを感じたりもするようです。

 

男性の場合は比較的軽症で済むと言われていますが、だからといって放置するのは得策ではありません。性器が異常に腫れたり、足の付け根や下腹部にまで痛みが広がる事だってあります。

 

更に炎症を起こす事で、精子の通路が塞がってしまい、不妊症にも繋がる可能性も大いにあると言われているのです。恋人や配偶者に感染する可能性が非常に高い感染症なので、一度病院で診察してもらいましょう。

 

代表的な性病を二つほど記しましたが、性病は他にも種類があり、いずれも厄介な物ばかりです。真性包茎は基本的に早期治療が望ましく、決して放置して良い物ではありません。

真性包茎手術の痛み(麻酔方法)と術後のケアや禁忌事項について

真性包茎の方々には、早く手術をしたいと考えている人も沢山いますが、そこで不安なのは麻酔と手術に伴う痛みではないでしょうか?加えて術後に行ってはいけない事や、真性包茎手術のアフターケアも詳しく知っておく必要があります。

 

包帯

 

真性包茎手術の麻酔って痛いって聞くけどどういう方法?

 

一般的に真性包茎手術の麻酔は、「局所麻酔」を用いられます。包皮の内側に針を入れて徐々に麻酔を浸透させていくやり方と、ペニスの神経全体を麻痺させる方法があるようです。

 

どちらかの場合もあれば、両方行う場合もあるようですが、手術を行うクリニック次第とも言われています。麻酔をする瞬間は、やはり人によっては痛みを感じる事もあると言います。専門クリニックで行う場合でも、少なからずやはり腕の良し悪しが関係しているという事でしょう。

 

近年では無痛治療という麻酔と技術にこだわりを持ったクリニックもあるので、不安な場合は無痛治療を行っているクリニックを選ぶのも方法の一つです。

 

無事に手術が終わったら、しっかりとケアもしよう

 

包茎手術後一週間は包帯を巻いたままの生活となる為、包帯をほどいたりしないようにしましょう。かゆみや汚れが気になってしまうと思いますが、一週間は我慢して濡らさないように過ごします。運動や性行為もなるべく控えたい所です。

 

特に運動に関しては、施術した部分を圧迫しないように注意する必要があるので、医師からOKをもらうまでは控える方が懸命です。何度か通院したり、場合によっては自身で包帯を変え、消毒も行う必要がありますが、これは決して怠ってはいけません。

 

手術が成功したとしてもアフターケアが雑だと、予想していなかった事態に発展する可能性もあります。

 

術後行ってはいけない禁忌事項!

 

基本的にペニスを酷使してはいけません。性行為やマスターベーションは、控えた方が良いですし、無理に行うと傷口が可能性もあります。更に性行為の場合は、相手に病原菌を感染させてしまう事だってありえます。

 

血圧が上昇するような行為、スポーツ等も必ず控えましょう。傷口から出血してしまう可能性は高く、自転車やバイクに乗る時も出来るだけ注意が必要です。基本的には術後に医師から行ってはいけない事、注意事項を聞かされるので、それらを守れば大丈夫だと言う事ですね。

 

包茎の手術も年々と技術や機器が進歩している為、昔からあるような噂通りの痛みはほとんど無いそうです。痛みの基準は人によって様々ですが、ある程度の心構えをしておき、スタッフを信頼して身を任せましょう。

 

ABCクリニック 上野クリニック 東京ノーストクリニック
  • 真性包茎Sカット【150,000円】
  • ナイロン糸【72,000円】
  • 吸収糸【100,000円】
  • 美容【110,000〜600,000円】

※ナイロン糸もしくは吸収糸を選択する

  • 環状切除術【70,000円】
  • 癒着剥離【200,000円】
  • 3.30.3プロジェクト適用

    30%OFF

  • 吸収糸0円選択可能
  • カウンセリング時5,000円発生【手術費から相殺】
  • 性病治療可能
  • カウンセリング、診察0円
  • WEB予約→10,000円割引
  • 吸収糸0円選択可能
  • カウンセリング、診察0円
最低治療費【目安】 最低治療費【目安】 最低治療費【目安】

150,000円〜

182,000円〜

270,000円〜